歯列矯正はやめたほうがいい?失敗事例やリスクとメリットまとめ

歯列矯正はやめたほうがいい?失敗事例やリスクとメリットまとめ

歯並びをきれいにしたい人出っ歯を治したい人などは歯列矯正を行うことになります。

将来的なことを考えれば歯列矯正のメリットは大きいように思えますが、歯列矯正はやめたほうがいいと力説し、失敗時のリスクも考えるべきだという意見も。

早速結論から申し上げますと、以下の通りになります。

  • やめたほうがいいとされる理由は、費用面、時間がかかる、劣等感。
  • 費用面や手間などの情報収集を徹底すれば、リスクを最大限回避できる
  • 歯列矯正をおすすめするならプチヴィ

上記の内容を詳しく掘り下げるとともに、本当に歯列矯正はやめたほうがいいのか、失敗事例やリスク、そしてメリットについてご紹介します。

編集部おすすめはこちら!

やめたほうがいいとされる理由、避けるべきリスク、おすすめのサービスもご紹介します。

目次

歯列矯正はやめたほうがいいと言われる原因

なぜ歯列矯正はやめたほうがいいと言われるのか、実際に歯列矯正を行った人に行った独自のアンケートを踏まえて、やめたほうがいいとされる理由をご紹介していきます。

  • 費用面のリスク
  • 徹底してやり続けないと意味がない
  • 劣等感を感じやすい

歯列矯正では費用面のリスク歯列矯正が終わるまでやり抜く気持ち歯列矯正中の見た目の問題など、様々な理由があって、やめたほうがいいと言われがちです。

これらの理由について、この後深く掘り下げてご紹介していきます。

一方で、もちろん歯列矯正には多少のリスクはありますが、正しく利用すれば決してやめたほうがいい行為ではないので、あくまでもリスクの一例としてご紹介します。

費用面のリスク

歯列矯正はやめたほうがいいと言われる原因として最初に挙げられるのが費用面のリスクです。

家計のやりくりが

しかし一つだけ不満に感じた事は費用が割高な感じがした事でした、私の場合50万円近くかかったので正直経済的負担が大きく矯正期間よりも家計のやりくりのほうが大変でした、率直にもう少し安価な料金設定にし誰もが気楽に矯正出来る料金設定にして頂けたらなと思いました。

  • 目的:歯列矯正
  • 料金:★1

40代・男性

歯列矯正を行っていた期間は経済的な負担が相当あったという口コミです。

値段について後程ご紹介しますが、100万円以上かかることもあり、それだけの費用を出す価値はあるのか、それだけかかるならやめたほうがいいのではないかという考えが頭をよぎりますよね。

費用面のリスクは確かにあり、万が一失敗した時にその費用も無駄になりかねないため、やめたほうがいいという助言をする人が一定数いるのは事実です。

では安ければ良いのかというと、一概にはいえません。

安い分、今度は質の方でトラブルが出てくる可能性もありますし、「技術を必要とする施術の費用が高くなってしまうというのは正常である」という見方もできますね。

お金が毎回大変

出っ歯が改善されているので歯列矯正をしてよかったと思います。ただ、値段がかなり予想していたより高かったのと時間がすごくかかるので大変です。見栄えはよくなるけど大変さがあるなという感じです。お金が毎回大変です。

  • 目的:歯列矯正
  • 料金:★1

20代・女性

歯列矯正のお金が毎回大変だったという方の口コミです。

歯列矯正は歯並びがかなり悪い状態だと100万円以上の費用がかかるとされ、歯を抜くといったことも必要になります。

一方で、軽度の場合であれば安く抑えられるほか、ローンを組める歯科医院も多く、月々の負担を軽減して歯列矯正を行うことも可能です。

聞きやすい雰囲気があればいいのに

長い時間かかると思っていましたが、そこまでかからず、しかも痛みもなかったのでもっと早くやっていればよかったなと思いました。ただ値段が気になってなかなか前向きになれなかったので、分かりやすい値段提示や聞きやすい雰囲気があればいいのになと思いました。

  • 目的:歯列矯正
  • 料金:★3

30代・女性

歯列矯正中は費用面の影響もあって、前向きになることができなかったという口コミです。

いくらかかって、どれくらいで完了するのかと不安になる気持ちはよくわかります。

このあたりの内容も気軽に聞ける歯科医院かどうかを、事前に吟味しておくのがおすすめです。

マウスピースを気軽に作るなら
プチヴィで

徹底してやり続けないと意味がない

歯列矯正はやめたほうがいいと言われる原因の2つ目は、徹底してやり続けないと意味がないことです。

考えが甘くなってしまった

ブラケットをつけていた際のいい加減な歯磨きによる虫歯や、ブラケットを外した後の保定装置を痛くて途中でやめてしまい、結果的に歯並びが少し戻ってしまい悪くなってしまったことなど、歯科からは説明がされていたと思いますが、経験者が周りに居なく考えが甘くなってしまい、後悔が多いです。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★2

50代・女性

周囲に歯列矯正をしていた人がいなかったことで、考えが甘くなってしまい、歯列矯正の効果を感じられなかった方からの口コミです。

歯列矯正は1年以上時間をかけて行うため、その間徹底したケアが必要であり、正しく装着しないと効果は最大限に発揮されません。

正しく装着すること、歯列矯正に対する知識を正しく身につけることが求められます。

色々大変だからやめたほうがいいと思っちゃいますよね…

10年以上かかった

虫歯で歯科に行ったら、あまりに歯並びが悪過ぎるから矯正を勧められました。体に影響が出るとのことでした。親知らずを4本抜き、マウスピースとヘッドギアもつけて、激痛との戦いでした。とてもしんどかった。ご飯は食べられないし歯磨きもできず、眠れないことも多かったです。10年以上かかりました。とても綺麗な歯並びになり満足ですが、精神的苦痛に悩まされた10年でもうしたくありません。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★4

10代・女性

結果的に10年以上歯列矯正に時間がかかった方の口コミです。

歯列矯正の結果こそ満足しているものの、その道のりは険しいことがわかります。

徹底してやりきらないと今までの苦労が水の泡になりかねません。

10年って結構な時間…

一方で、時間をかけて矯正するからこそしっかりと矯正された状態で長持ちすると考えることもできます。

長い時間をかけることで、得られるものもそれだけ大きくなるものです。

矯正が終わっても

表側のブランケットであったが、歯に接着している器具が透明だったためワイヤーがあまり目立たなかったところが良かった。治療期間も1年もかからず、痛みも少なかったため歯の動きの変化だけを毎日楽しみにしていた。面倒だったことは歯磨きをより丁寧にしなければならないところと、矯正が終わって器具が外れてもマウスピースを装着し続けなければいけないところは面倒に思ってしまいます。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★5

10代・女性

痛みなどは少なかったものの、矯正が終わってからもマウスピースをつけるのが面倒くさかったという方の口コミです。

痛みなどがなかった人でも、まだやらなきゃいけないことがあるのかと辟易する方も。

しかし、最後までやりきることで矯正した歯並びが長く維持されます。

維持するためのコストと捉え、何もしなければ元に戻ると考えると、その必要性を強く感じることができます。

プチヴィなら
手軽にマウスピース矯正ができる

劣等感を感じやすい

歯列矯正をやめたほうがいいと言われる3つ目の要因は、劣等感を感じやすい点です。

前歯に歯列矯正の器具をつけていると、笑顔の時に若干怖さを感じる人も多く、その反応を見て、劣等感を感じる人も出てきます。

多少の劣等感

あまり知識のなかった母に矯正をすることを決められ、近所の矯正が専門ではない歯科に通いました。小学校高学年から始めたので、中学生の頃は痛みや恥ずかしさなどもあり、多少の劣等感がありました。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★2

50代・女性

子供の時から歯列矯正を行い、多少の劣等感があったという方の口コミですが、この方は歯列矯正の痛み、見た目の恥ずかしさが劣等感の要因になっているとのこと。

恥ずかしい目を見たからやらなきゃよかったという意見を見ると、やめたほうがいいのかな?と一瞬感じてしまうかも…

現在では歯の裏側で行う歯列矯正など見た目にわからないやり方もあり、正しい知識があれば劣等感を抱かずに済んだ可能性が高いです。

時代の進化とともに、リスクは軽減され、歯列矯正に対する理解も増え、やらなきゃよかった、やめたほうがいいかも…と思う機会は減りつつあります。

見た目もあまりよろしくない

何回かつけてないと慣れていないし、嘔吐しやすいのが難点だったことです。見た目もあまりよろしくないからずっともつけてられないし、忘れてしまうこととかあるからあまり続けられていなかった時がありました。また、調整するのに何回か歯医者に通わないといけなかったりするのが大変でした。でも先生が優しかったから頑張れました。結果的に少しずつ綺麗になったのもよかったなとおもいます

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★2

20代・女性

見た目も良くなく、色々と煩わしいことが多かったという方の口コミです。

ブサイクになったなど歯列矯正の最中は何かと言われがちですが、加えて体調も悪くなる人もいるなど、人によって合う合わないが出やすいと言えます。

プチヴィで
負担の少ない矯正を

大人で歯列矯正をやらなきゃよかった意見

歯列矯正は子供の時に行うものというイメージの人もいますが、大人になってからも歯列矯正ができ、実際にやっている人も多いです。

ここでは、大人になってから歯列矯正をやらなきゃよかったという意見をご紹介していきます。

  • 痛くてしんどい
  • 日々のメンテナンス

大人になってからだと仕事をしながら歯列矯正を行うため、子供の時よりも耐えるべきことが多いのが実情です。

ここからはさらにその理由を掘り下げていきます。

痛くてしんどい

大人で歯列矯正をやらなきゃよかったという意見で目立つのは、痛くてしんどいことです。

説明してほしかった

一本だけ八重歯だったので、見た目には八重歯だったことがわからないくらいには綺麗な歯並びになったので、それはとてもよかったと思う。ただ、後々に影響が出ないようにと、矯正終了後、まだ生えてない親知らずを切開して抜くことになり、麻酔やら手術やらがとにかく痛かったし、辛かったので、矯正が始まる前にその可能性があることを説明してほしかったなと思う。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★4

30代・女性

歯列矯正が始まる前に色々と説明をしてほしかったという方の口コミです。

歯列矯正後に抜歯を行うなど、まだまだやるべきことがあったことに不信感を抱く様子が見て取れます。

歯列矯正の痛さは大人の時も子供の時も感じやすく、やらなきゃよかったと感じる人も多いです。

大人になってからだと、過度に痛みを感じることに理不尽さを感じやすくなるので、治療の際にしっかりとした説明を受けられるかどうかも歯科医院選びのポイントになります。

失敗を回避するためにも、いくつかの歯科医院を吟味し、信頼できる専門医を探しましょう。

健康な歯を抜歯

私はいわゆる出っ歯がコンプレックスだったため治療を開始しました。見た目が変わったこと、口元のボコッとした印象がなくなった点が本当に矯正をして良かったと感じるポイントでした。治療に関しては健康な歯を抜歯しなければいけなかったり、器具をいれて痛い思いをしたりしました。歯ブラシがしにくかったり、ご飯を食べるときに痛みを感じたりしました。費用もかかりましたが、噛み合わせが良くなりメリットがたくさんありましたので治療をして良かったです。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★4

30代・女性

歯列矯正のために健康なを抜歯した方の口コミです。

抜歯自体は歯列矯正ではよくあることで、器具を着け続けることの辛さと、抜歯の痛さが嫌だったと感じている方も目立ちます。

抜歯の有無は現状の歯の状況次第で変わり、軽度であれば抜かずにマウスピースなどで治すことも可能です。

1年で7キロ体重が落ちた

私は大学2年生で矯正を始めました。抜歯などを含めれば期間は2年半くらいでそれほど長くは感じませんでした。ですが、1ヶ月に1回歯のクリーニングとワイヤーを締めるために歯科に通わなければならないのが面倒でした。また、ワイヤーを締めると歯がとても痛くなるので1週間くらいはおかゆの生活をしていたので1年で7キロほど体重が落ちてしまいました。ワイヤーが頬に当たって口内炎ができることも多く思った以上に大変な日々でした。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★4

20代・女性

ワイヤーで締め直す際に歯が痛くなり、1週間おかゆの生活を余儀なくされるなど体重が落ちた方の口コミです。

ワイヤーでの歯列矯正ならではと言えますが、大人になり、社会人として働き出してからだと、仕事に集中できない可能性があります。

そのため、マウスピースや部分矯正など、少ない負担で効果が出る方法を試してみましょう。

マウスピース矯正で
歯並び改善

日々のメンテナンス

大人で歯列矯正をやらなきゃよかったと感じやすいポイントの2つ目は、日々のメンテナンスについてです。

少しめんどくさかった

マウスピースは匂いがつきやすいのもあって、しっかりと洗わないと口臭にも影響が出るので専用の洗浄剤を買わないといけなくて、そこが少しめんどくさかったです。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★5

20代・女性

マウスピースで歯列矯正を行った際、専用の洗浄剤を買わないといけなかったのが少しめんどくさかったという口コミです。

歯列矯正の器具をケアするためにやるべきことが多く、やらなきゃよかったと感じる人がいても不思議ではありません。

性格がルーズな人は歯列矯正で守るべきことが色々あって大変です…

大人になってから歯列矯正を行う際には、費用面の問題や治療方針、必要なケアなどに注意していきましょう。

しかし、負担をかけずに歯列矯正を行うことは可能であり、知識が豊富な歯科医院に任せれば、ストレスを最小限に抑えて歯列矯正を行えます。

患者に寄り添い、信頼できて、かつ実績があるサービスの活用が、リスクの軽減や歯列矯正の成果にも結び付くので、セカンドオピニオンなども踏まえてしっかりと吟味しましょう。

通院スケジュールが大変

ワイヤーがこすれて粘膜が傷ついたり歯が移動するのが痛くて辛かったです。すぐに治るものではなかったので通院スケジュールが大変でした。歯磨きがしにくく食べかすがたまりやすいので虫歯にならないよう特に気をつけるのが大変でした。ただコンプレックスの歯並びは綺麗になったのでやって良かったです。保険診療ではないので親に随分苦労させたと思います。通院や医師の説明を聞くのも同伴してくれたのでお金だけでなく時間もたくさん使わせてしまいました。矯正させてくれた親に感謝です。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★3

10代・女性

通院スケジュールを組むのが大変だったという方の口コミです。

この方は10代ですが、社会人になると土日に仕事があって休めないケースが出てくるため、わざわざ半休をとって予約をすることも。

ワイヤーを締め直すことは必ずやらないといけないとはいえ、色々と犠牲にするので躊躇してしまう人がいるのも事実です。

しかし、この口コミの方は最終的に歯並びが綺麗になったとして、親御さんに感謝の気持ちを述べています。

親御さんへの感謝、グッときますね。

確かに大変ですが、ワイヤーを定期的に締め直すことで効果的な矯正に期待が持てるので、少しの我慢です。

歯医者は選ばないと

親知らずが生えてくる前にしても結局は押されるため意味がないです。また幼少期にすることは良いことではありますが面倒くさがってマウスピースなどつけることをサボるため効果は下がります。歯医者は選ばないといつまでもその後の健診などに引っ張られて結局は矯正の値段以上の金額を吸い取られる羽目になるため口コミなどで慎重に選ぶことをおすすめします。しかしある程度は見た目が変わるためだいたいは満足です。

  • 目的:歯列矯正
  • 料金:★2

10代・女性

日々のメンテナンスを怠ると効果は出ないという方の口コミです。

歯科医院をしっかり選ばないと何かと費用が発生するという見方もあり、日々のメンテナンスに加え、維持費も重要なポイントになります。

プチヴィなら
通院なしでマウスピースが作れる

子供で歯列矯正をやらなきゃよかった意見

次に、子供の時に歯列矯正をやらなきゃよかったという意見についても、ご紹介していきます。

  • 思い切り笑えない
  • 痛くて食べられない

思春期の多感の時期だからこそ、何かと気になることも多く、苦しいことも結構多いものです。

ブサイクになったなど、言われたくないことも言われてきた人も多いかもしれません。

子供に歯列矯正はやめたほうがいいのかな?と心配になっている親御さんは必見です。

思い切り笑えない

子供の時に歯列矯正をやらなきゃよかったという意見として、思い切り笑えないという意見がありました。

まともに恋愛できなかった青春時代

後悔している点としては小学校6年生から高校卒業までずっとワイヤーを歯列に付けていて笑った時に矯正装置が見えることから思いっきり笑うことができずまた同級生からバカにされたり女性とまともに恋愛できなかった青春時代があったことが後悔している点です。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★4

30代・男性

主に思春期の時期に歯列矯正を行ったことで、思い切り笑えずにバカにされることも多かったという口コミです。

思春期の時期は相手の容姿が少し変わっているだけでブサイクになったとバカにしたり、されたりすることが多く、そのことで傷つく人もいます。

歯列矯正中をブサイクになったと言われたら傷ついちゃいますよね。

大人になってからでも歯列矯正ができるなら、多感な時期にやらなきゃよかったと後悔する人がいるのも無理はありません。

一方で子供の時に歯が動きやすい人が多く、むしろその時期に歯列矯正を行った方が効果的という方も。

ブサイクになったと言われたくないと思っている方も、歯列矯正が終わった後のことを考えて検討してみることをおすすめします。

痛くて食べられない

子供の時に歯列矯正をやらなきゃよかったと感じた意見の中には、歯列矯正が痛くて食べられないという意見があります。

歯列矯正で食事の時間が苦痛になるのは、やって失敗したと感じやすい要因であり、その様子を見てやめたほうがいいと感じることも。

スープにパンしか

ただ、1ヶ月に1回ワイヤーをしめなおしてもらうと痛すぎて2週間くらい固形状の物が食べられなくて、高校の時お弁当はスープジャーにスープ入れて、別添えでパンを持っていって浸して食べるという生活でちょっと恥ずかしかったです。でも結果的に思えばそんなのなんてことないです。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★5

10代・女性

歯列矯正が痛くて、固形物が食べられず、スープにパンを浸して食べていたという方の口コミです。

1カ月に1回ワイヤーを締め、2週間は痛くて固形物が食べられないというストレスは相当で、歯列矯正はやめたほうがいいのだろうかと躊躇する人もいるでしょう。

この口コミの方は、痛みを乗り越えて最終的に歯列矯正に成功していますが、人によっては、失敗したと途中でギブアップする人も。

痛いのが苦手な人は歯列矯正に躊躇するかもしれません

子供の時は見た目の問題や痛みがネックになりますが、歯の裏側で矯正する方法や、痛みが出にくい方法もあります。

子供の歯列矯正の実績があって、様々な方法で歯列矯正に挑む歯科医院を見つけて、時間をかけて取り組んでいくことが大切です。

おいしく感じない

歯並びが悪く笑うことに対しコンプレックスがあり親から勧められ矯正しました。治療に対しては短く済みましたがその分高額でした。抜歯したので矯正後数日は痛みがあり食事も美味しく感じず辛い時期もありましたが、見た目が変化したことは自分の自信につながりました。歯科もホームページで口コミが良いところを検索し訪れましたが非常に丁寧に説明してくれて安心しました。一つ後悔していることとすれば銀歯を挿入したので、少し高額でも目立たないものを使用すれば良かったと思いました。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★4

30代・女性

抜歯しての矯正を行って、食事がおいしく感じられない時期があったという方の口コミです。

結果的に歯列矯正には満足している一方、その代償は結構あったことが言えます。

プチヴィの矯正は
上の歯だけ

歯列矯正をする前に知るべきポイント

ここまでは歯列矯正をやらなきゃよかったと感じた人の意見をご紹介してきましたが、歯列矯正をやる上で押さえるべきポイントを把握していればやらなきゃよかったと感じなかった可能性も。

やらなきゃよかったと後悔する前に、歯列矯正前に知っておくべきポイントをご紹介します。

歯が動きやすい人と動きにくい人

歯列矯正を行い、歯が動きやすい人、動きにくい人が必ず出てきます。

では、どんな人が歯が動きやすい人で、動きにくい人はどんな歯並びなのでしょうか。

歯が動きやすい人って言葉だけだとちょっと怖いですね…

歯が動きやすい人の1つ目の特徴は成長途上にある子供です。

例えば、親指を指にくわえておしゃぶりをしてると出っ歯になりやすいと言われています。

ちょっとの力で簡単に影響が出るということは、それだけ歯が動きやすいということであり、裏を返せば歯列矯正の効果も出やすいということ。

だから子供の時に歯列矯正をやる人が多いんですね!

歯が動きやすい人の2つ目の特徴は代謝の良さ

代謝がいいと、歯の根にあたる歯根周辺に力を加えることで組織が活発に働きやすく、矯正したい方向へスペースを作りつつ、歯が動いていきます。

そのため、歯が動きやすい人が気を付けたいのは、普段から歯や顔に外部的圧力を加えていないこと。

ついつい頬杖をついてしまう行為も、歯列矯正に悪影響を与えるため、歯が動きやすい人は要注意です。

歯列矯正の真っ最中では行動に注意しましょう。

次に歯が動きにくい人の特徴についてですが、まず歯並びがかなり悪いことが考えられます。

ガチャガチャしたような歯だとうまく力を加えられず、歯列矯正に時間がかかることも。

歯が動きやすい人に比べてちょっとの力では動きにくく、より力を加える必要が出てきます。

歯列矯正の際に、抜歯をする人がいますけど、そういうことなんですね

歯が健康であることも歯列矯正では重要なので、虫歯や歯周病などになっていると、歯列矯正は難しく、先に虫歯や歯周病の治療を優先するハメに。

結果的に歯列矯正の時間が長くなり、費用などにも影響が出ることになります。

歯列矯正中は歯の健康に最大限気を付けましょう。

メリット デメリット
歯が動きやすい人 ・歯列矯正の時間が短く済む

・お金もかかりにくい

・矯正後に親知らずなどの影響が出やすい

・成長を重ねる中で前の状態に戻る可能性

歯が動きにくい人 ・矯正後に外部からの影響を受けにくい

・成長しても戻りにくい

・歯列矯正の時間がかかる恐れ

・お金がかかりやすい

一部分の矯正で
美しい歯並びに期待が持てる

マウスピースとワイヤーの違い

歯列矯正には見た目にわかりやすいワイヤーマウスピースなど様々な方法があります。

まず最初にマウスピースとワイヤーの特徴を表にまとめました。

マウスピース ワイヤー
歯列矯正の期間 半年~2年 1~3年
装着時の見た目 わかりにくい 目立つ
装着時の食事 外せば問題なし 制限あり
通院頻度 1~3カ月に1回 3週間~1カ月
装着時の痛み 比較的少なめ 痛みが出やすい
装着時の歯磨き 外せば問題なし 歯間ブラシが必要

ここからはマウスピースとワイヤー、それぞれの方法の違いをご紹介します。

マウスピース

マウスピースのメリットは、食事の時などに外すことができる点です。

そのため、歯列矯正でありがちな制限が少なく、痛みもそこまで強くなりにくいため、歯列矯正でのストレスが比較的かかりにくいです。

歯磨きもマウスピースを外して普通に磨けるため、細かいところに気を遣う必要がないのはかなり魅力的です。

お茶など熱い物を飲食する場合は変形の恐れがあるので外してください。

一方、デメリットですが、1日20時間以上着用しなければならない点

寝る時もマウスピースをつけるため、寝る時にマウスピースが気になってしまうこともあります。

そして、マウスピースが活用できる状態が限られているため、すべての歯列矯正に使えないのもデメリットです。

時に歯を削るなど、マウスピースと併用でワイヤー矯正が必要なケースも出てきます。

取り外しができる分、紛失のリスクもあるマウスピースですが、自己管理がうまくできればメリットが多いやり方でもあります。

ワイヤー

ワイヤーは誰もが知る一般的な歯列矯正の方法であり、一定期間が経過したらワイヤーで縛り直すような形で1年以上行っていきます。

メリットは力をかける分、子供の場合には効果が出やすいほか、比較的どんな歯の状態にも対応できること。

そして取り外しの必要がないので、自己管理が苦手な人にとって使い勝手がいいです。

マウスピースだと寝ている時に取れてしまうのではないかと不安な人にもおすすめです。

デメリットですが、食事や歯磨きなど気を遣う場面が多い点です。

歯間ブラシなどを活用したり、繊維質のものを食べないようにしたりと、普通の生活と比べると制約が出てきます。

またワイヤーで縛り直す際に歯が締め付けられるため、数日間は痛みと闘うことになるため、ストレスを感じる人も多いです。

痛いのが苦手な人はマウスピースがおすすめです

見た目に歯列矯正をしているのがバレバレというリスクもありますが、力が強い分、うまくいけば早期に歯列矯正が済むというのがワイヤーの最大のメリットと言えます。

歯列矯正の期間と値段

次にマウスピースとワイヤーそれぞれの歯列矯正の期間と値段を表にしてご紹介します。

マウスピース ワイヤー
歯列矯正の期間 半年~2年 1~3年
値段 平均70万円ほど

最大100万円程度

平均60万円ほど

最大150万円以上

ワイヤーの方が最大の料金が高いのは歯の裏側を矯正するケースで、表側を矯正するケースと比べて最大で50万円ほど高くなる傾向にあります。

マウスピースに関しては全体の矯正はおおむねワイヤー矯正と変わりませんが、前歯だけを矯正する場合は数十万円程度でも行えます。

一概にどちらが高いというわけではなく、範囲で変わるんですね。

出っ歯を治したいなど、特定の部位だけを歯列矯正したい場合はマウスピースの方が安上がり。

一方で歯を全体で矯正する場合にはワイヤー矯正の方が確実に矯正できる分、長い目で見て安く済むケースも考えられます。

マウスピースが
簡単に自宅で作れる

歯列矯正の失敗事例

やらなきゃよかったとなる前にまず知っておくべきことは、万が一失敗してしまった時のリスクを知ること。

何も知らずにやめたほうがいいと思うよりも、失敗事例を学ぶことで今後の対策を立てていくことができます。

ここでは歯列矯正の失敗事例をご紹介します。

  • 針金が外れた後のリスク
  • 痛みに耐える期間が長い
  • 幼少期ゆえに理解が追い付かなかった

幼い時などは矯正の姿を見てブサイクになったと言われる人もいるくらいなので、失敗だったと感じることも多いはず。

失敗事例について掘り下げていきます。

針金が外れた後のリスク

歯列矯正での失敗事例として、針金が外れた後のリスクが考えられます。

ワイヤーがとれてワイヤーの端で口の中でケガをしたら、失敗を意識するのも無理はありません。

痛かった

ブラケットをつけている間は歯磨きがしづらかったことや歯が動く際の痛みがあったことがつらかったです。また針金が外れてしまったときに歯医者で直してもらうまでの間に口の中で針金が突き刺さるのが痛くてつらかったです。後悔はしていないですが、痛くてしんどいことも多かったのでもうしたくないなと感じています。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★4

10代・女性

針金が外れた後際に歯科医院で締め直すまで針金が突き刺さって痛かったという口コミです。

歯にくっつける接着剤がとれてしまうことがあり、その結果、針金は外れてしまいます。

その際、歯科医院で対処をしてもらうしかなく、その間はワイヤーが口の中を傷つける可能性が。

食事をするのも怖いですね…

ただし、ワイヤーが外れることは歯列矯正ではよくあることで、特に歯列矯正を始めて間もない時期はよくあります。

ワイヤーが外れたから失敗というわけではないので、外れた場合の対処法を事前に聞いておいて、慌てず対応するできるようにしておきましょう。

痛みに耐える期間が長い

失敗事例としてあり得るのが、痛みに耐える期間が長いこと。

歯列矯正が1年から3年で終わればいいですが、10年など長く続くと失敗だったのでは?と不安になる人も出てきます。

のべ10年

虫歯で歯科へ行ったら、あまりに歯並びが悪く成長に影響が出るからと矯正を勧められました。強烈な痛さと頭痛に耐え、親知らずも4本抜き、過酷な日々を過ごしました。結局のべ10年かかりました。今は多少はずれてきている歯があるものの、おおむね満足しています。ただ、思春期の多感な時期に矯正の金具と共に過ごしたことは少し残念でした。メイクなどももっとしたかったなと思います。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★4

10代・女性

歯列矯正を行うために歯を抜くなど色々痛みに耐えてきた方の口コミです。

本来はセカンドオピニオンなど複数の歯科医院で見てもらうのがベストですが、治療のついでに歯列矯正を行うと、専門ではない歯科医師が担当することに。

頭痛など痛みに耐えることばかりが続き、結果的に多少外れている歯があるというのは失敗と判断する人がいてもおかしくありません。

痛みに耐えるってなかなかのストレスです…

一方で、じっくりと時間をかけてようやく歯列矯正がうまくいくこともあるため、あともう少しの辛抱で完成することも考えられます。

またどうしても合わない場合は、別の歯科医院に行き、チェックしてもらいましょう。

痛みがひどい場合はさすがにやめたほうがいい場合もあるため、我慢のし過ぎは禁物です。

保定期間は一生

今年の4月から9月までマウスピースで部分矯正をしていました。最初の感想はこんなんで本当に矯正できるのかという感じでしたが付け替えていくうちに気づいたら歯が動いていくことを確認できました。最終的にはある程度歯並びもよくなりました。ただ最終的な歯並びのところで歯医者の人と自分の理想の歯並びにギャップがあり、志半ばで終えてしまった感があり、そこは少しだけ残念でした。現在は保定用のマウスピースを使用していますが、この保定期間についてこれから矯正する人はぜひ知っておいてほしいです。保定期間は一生です。と歯医者に言われ本当にショックでしたので。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★2

30代・男性

マウスピース矯正が完了してからも、矯正した歯を維持するためのマウスピースをつけないといけないことに驚いている方の口コミです。

ちなみに保定期間は「矯正期間に要した時間と同じ時間」とされており、一生というのはオーバーですが、維持するために装着しないといけないのは事実です。

幼少期ゆえに理解が追い付かなかった

失敗に陥りやすいケースとして、歯列矯正を幼少期に行い、歯列矯正の意味を理解できていなかったケースもあります。

嫌だった記憶

幼少期にやったので、嫌だった記憶しかありません。特に幼少期にチンキャップをやった事が嫌で仕方ありませんでしたが、今振り返ると歯並びもそこそこ綺麗になったのでやって良かったと思いました。また、昔はブランケットも金属で目立つもので、金具も痛かったり食べ物が挟まりやすかったりメンテナンスも大変だった記憶です。もっと一生懸命ちゃんとやっておけば良かったと思いました。親は、毎月結構な金額を払ってもらっていたようで申し訳ない気持ちです。

  • 目的:歯列矯正
  • 効果:★4

40代・女性

幼少期に歯列矯正を行い、嫌なことが多かったという方の口コミです。

小さい時は何かと制限があることにストレスしか感じられず、面倒だと思いやすいものです。

そのため、一生懸命に取り組むことができず、あの時もっと取り組めばよかったと後悔するなんてことも。

歯列矯正に対する意識が高くないと失敗する可能性が出てきます。

子供の時にしなくても、大人になってから歯列矯正をすることはできるので、活発な子はやめたほうがいいという考え方も。

子供の時に無理やりやってやらなきゃよかったとなるより、大人になるまで歯列矯正はやめたほうがいいと考え直した方が、精神的にも楽です。

寝ている時の食いしばり防止に
プチヴィ

歯列矯正をするメリット

ここまで歯列矯正はやめたほうがいい、失敗のリスクを考えるべきだとネガティブな内容ばかりでしたので、ここからは歯列矯正のメリットについてご紹介します。

歯列矯正のメリットは以下の通りです。

  • 口の中の健康を保ちやすくなる
  • しっかりと笑えるようになる
  • 歯並びを原因とする体調不良を回避しやすくなる

これらのメリットについて掘り下げていきます。

口の中の健康を保ちやすくなる

歯並びが悪い状態は、1本1本の歯が表に出にくい状態を意味するため、歯磨きの際に確実に汚れを落とせない可能性が出てきます。

すると、虫歯や歯肉炎、歯周病といったお口の中のトラブルを誘発し、最悪の場合、歯を失うことも。

また歯並びが悪いことで口が開きやすいということもあり、より口の中のトラブルが起こりやすいと言えるでしょう。

ついつい口が開いちゃう人は、歯並びが悪い可能性があります。

歯並びを改善することで歯磨きがしやすくなり、歯を長い間守ることが可能です。

見栄えを良くするために歯並びをきれいにすると考える人もいますが、結果的に歯の健康を維持することにも役立ちます。

しっかりと笑えるようになる

歯並びが悪いと、笑った時にあまりいい印象を持ってもらいにくく、前よりブサイクになったなど、ネガティブなことを言われてしまうことがあります。

歯並びが悪くなり、前よりブサイクになったことを指摘されると、思い切り笑うこともできなくなり、コンプレックスになってしまうことも。

ブサイクになったと言われるのは誰だって傷つきますよね…

歯並びを改善させて、自然な笑いができるようになれば、コンプレックスも解消され、自然と明るい気持ちに。

第一印象を高めることにもつながるので、歯並びを改善して笑えるようになることはメリットだらけと言えます。

歯列矯正できれいになったと言われるためにも、早めに取り組むことも大切です。

歯並びを原因とする体調不良を回避しやすくなる

大人になり、頭痛や肩こりに悩まされている人がいますが、歯並びが原因であるケースが考えられます。

歯並びが悪いと咬み合わせも良くないので、毎日の食事などで筋肉のバランスを欠きやすくなります。

常に筋肉が緊張状態となり、それが肩こりや頭痛につながるほか、場合によっては腰痛の原因になることも。

最近では顎関節症も歯並びの悪さが原因の1つとされています。

歯列矯正で歯並びを改善させることで、咬み合わせが良くなり、過度な緊張状態を緩和させることができます。

肩こりや頭痛に悩んでいる人は歯列矯正で改善する可能性もあるので、歯科医院でチェックしてもらいましょう。

負担のない矯正は
プチヴィ

歯列矯正で後悔しないおすすめ専門医

実際に歯列矯正を行う際には専門医にお任せすることが確実であり、より後悔しない歯列矯正につながり、失敗のリスクを避けられます。

以下が、歯列矯正で後悔しないおすすめの専門医です。

  • プチヴィ
  • 南青山矯正歯科クリニック
  • キレイライン
  • マウスピース矯正ローコスト
  • ピュアリオ歯科・矯正歯科

これら5つのサービスに関してランキングをつけています。

店舗名 petitviプチヴィ

画像引用元:エイトビー(株)
minamiaoyama南青山矯正歯科クリニック

kireilignキレイライン

画像引用元:(株)ARETECO HOLDINGS
lowcostマウスピース矯正ローコスト

purerioピュアリオ歯科・矯正歯科

ジャンル オンライン 歯科医院 歯科医院 歯科医院 歯科医院
店舗数 1店舗(外苑前) 全国60店舗以上 全国300店舗以上 1店舗(三田)
機能目的 食いしばり
歯ぎしり
噛み締め防止
歯科矯正 歯科矯正
ホワイトニング
歯科矯正 歯科矯正
口コミ 4.5 4.5 3 4 4.3
来院実績 10万人以上 年間360症例以上
メリット 自宅でマウスピース作成OK
歯に合わない場合、
無償で作り直し可能
女性専用の歯科医院
土日祝も営業
麻酔代0円
満足度90%
※キレイライン矯正の調査
2万円でお試し可能
ホワイトニングも併用可能
最短3ヶ月で治療完了
有名ドクター監修
前歯上下各6本〜対応
初回カウンセリング無料
米国アライン・テクノロジー社開発のマウスピース型矯正装置
来院目安 1~3か月に1回 45日に2回 2ヶ月に1回 2ヶ月に1回
手法 マウスピース矯正
※就寝時
マウスピース矯正 マウスピース矯正 マウスピース矯正 マウスピース矯正
マウスピース
装着時間
就寝時 20時間/日 20時間/日 20時間/日 20時間/日
継続目安 1ヵ月~ 3か月~3年 5ヶ月~1年3ヶ月 3ヵ月~
初回価格
(税込)
1.1万円/個 マウスピース
33万円~※片顎
セラミック
78,100円/本
2.2万円

初回検診3,300円~
※都度払い
※コースだと目安23.1~41.8万円
2.2万円~
※目安22~44万円
5,500~12,500円
/月

※目安50~150万円
2回目以降
(税込)
5.5万円

再診料3,300円~
4.4万円
回数縛り なし なし なし なし なし
返金保証 1週間
全額返金あり
施術内容により異なる
全額返金あり
なし なし なし
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※継続目安は口コミから抜粋しており、個人差がございます。効果の保証ではありません。※2022/8/4時点の情報です。※口コミの引用元:公式サイト(プチヴィ)Google(南青山矯正歯科クリニックピュアリオ歯科・矯正歯科)Twitter(マウスピース矯正ローコスト)独自調査の口コミ(キレイライン)

その中でも失敗のリスクが少なく、安心してお任せできる専門医をピックアップしました。

プチヴィ

プチヴィでは小顔になりたい人をメインにしたマウスピースを販売しています。

上の歯の前歯周辺だけマウスピースを作り、顎に負担をかけずに歯列矯正を行い、小顔を目指せます。

マウスピースを作るのに通院の必要がなく、自宅に届く準備キットで歯型を取り、歯科技工士が型をベースにマウスピースを作るため、手軽さがあるのが特徴的です。

歯型をとる成功率は98%で、万が一失敗しても無料で歯型のやり直しができます。

通院なしでも利用できる
プチヴィ

南青山矯正歯科クリニック

南青山矯正歯科クリニックは女性専用の歯科医院で、担当する歯科医師も女性と、女性が安心して利用できます。

ワイヤーやマウスピースのメリットだけを取り入れたセラミック矯正が行えるなど、先進的な歯列矯正が行えるのが特徴的です。

明朗会計を心がけ、情報公開を徹底するクリーンさや、歯科医院特有の緊張感を生み出さない患者への配慮も見られます。

安心感なら
南青山矯正歯科クリニック

キレイライン

キレイラインでは、1カ月半のお試し期間の中で矯正を続けていくかどうかを決められます。

税込22,000円でマウスピースやホワイトニング剤などを購入でき、マウスピース矯正とはどういうものかを体験できます。

症状が軽い人はリーズナブルに利用できるほか、症状が重くてもデンタルローンなどで対応でき、月々3,000円~の支払いで済むのもおすすめです。

マウスピースを試したい人は
キレイライン

マウスピース矯正ローコスト

マウスピース矯正ローコストでは、費用を抑えて歯列矯正が行えるサービスを展開しています。

3Dプリンターを使うことでより簡単に、正確なマウスピースを作って提供できるのが特徴。

ローコストPayやデンタルローンなど支払い方法も多彩で、最初にまとまった費用を出す必要がありません。

安く抑えるなら
マウスピース矯正ローコスト

ピュアリオ歯科・矯正歯科

ピュアリオ歯科・矯正歯科では、見た目にわかりにくいマウスピース矯正を採用し、通院も少なくて済みます。

3Dシミュレーションを活用し、最大限痛みなどが出ないように設計を行って計画を立てていくため、無理なく矯正が行えます。

マウスピースの症例が多く、治療計画などの経験も豊富なため、より確実に、満足度の高い治療が行えるのが特徴です。

痛みを感じにくい矯正なら
ピュアリオ歯科・矯正歯科

まとめ

今回は歯列矯正はやめたほうがいい?という疑問や失敗事例、メリット・デメリットなどについてご紹介してきました。

歯列矯正はやめたほうがいい、やらなきゃよかったと嘆くケースとして、痛かった、費用がかかったなど様々なことがあります。

歯列矯正でブサイクになったという声はあまり聞かれないものの、ついつい気になってしまうものです。

歯列矯正に関して最後に振り返ります。

  • 歯列矯正をして嫌だったのは、痛みや見た目の恥ずかしさと答えた人が多い
  • マウスピースとワイヤー、それぞれにメリットデメリットがある
  • 歯列矯正を行うことで心身の健康を保ちやすくなる

歯列矯正に限らず、何事も失敗のリスクはありますが、それを回避するには情報収集が一番。

やらなきゃよかった、やめたほうがいいのかなと悩む前に、歯列矯正の専門医に足を運んでしっかりと話を聞くことをおすすめします。

部分矯正なら
プチヴィ

※本ページの情報は、2022年11月4日時点のものです。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。※独自調査と記載のある口コミや評価は、クラウドソーシングサービスを利用して、実際に商品やサービスを利用したことがある方でアンケート集計を実施しまとめております。※本ページに記載の効果・継続目安は個人差がございます。

目次
閉じる